ペリンガー社クリスペルカーフ、他入荷しました。

 

 

さてさて、新素材の入荷です。

個人的には見た瞬間にグッときてしまいました↓

 

独 ペリンガー社「クリスペルカーフ」

 

 

ドイツのペリンガー社は、400年の歴史を持つ老舗タンナー。

他にも、ノブレッサ・ライニング・ドイツシュリンク・アニリンカーフ・・・とある中でも、最上級の素材です。

 

ポーランド原皮で、素材の特徴とすれば水シボ状に型押しがなされています。

 

 

色は、黒・濃茶・ネイビー・ブルー・トープ・・・の5色にて展開です。

当方では、特に黒とブルーに力を入れて展開したいと思っています。

 

 

ミシンをかけた時のキュッと素材が締まった感じとか、何ともいえない表情ですね。

値段的には通常より高くなりますが、違った質感をお求めの方にはオススメです。

 

 

 

そして、定番で扱っているクーズーに他の色も追加です。

 

 

(上から)

ビターチョコ(ベースが濃茶系)・ストーン(グレー系)・ガウチョ(ベージュ系)・・・の3色。

 

 

オイルを多く含んでいるので、伸ばした時のプルアップ感がすごいです。

素材的にも肉厚で、床面(裏側)は毛足が短くなだらか。

一般的に表面をなだらかに仕上げた革とは一線を画し、ラフ感のある仕上がりです。

 

 

 

南アフリカのクーズーという動物、聞いてもあまり想像がつかないかも知れません。

体長が190~250cmほど

オスには、2回転半捻れたツノが生えています。

 

革部分はカバン等で利用され、ツノ部分は楽器等で有効利用されています。

 

  

                            (※ 画像はwikipediaよりお借りしました)

 

野生感あふれる荒々しい表情、素材感を楽しめます。

傷や虫喰い跡も、表面に残っているのが特徴的。

 

強度を求められるアイテムでも、遠慮なくガシガシ使えるのが個人的な感想でしょうか。

 

下画像は、愛用している工具入れ。

包丁やハンマー、目打ち等入れて、普段持ち歩いています↓

 

 

 

実際に触れてみると、また違った印象を受けるかも知れません。

ご興味がおありの方、ぜひぜひお立ち寄り下さい。

 

 

 

 

http://order-r.com/

コメントを残す