財布リメイクの巻。

 今回は、お財布の修理・リメイク例をご紹介です。

お客様からお預かりしたのが、BOTTEGA VENETAのお財布。

現物を見てギョッとしました↓

どうやら、まだ新しい状態の時に飲み屋でやられたようです。
気付いたらこの状態に・・・ざっくり。

これ見た時に、何だかすごく胸が痛みました。

お客様のリクエストは、「デザインが変わってもいいので、何とかして欲しい」とのこと。

一回ばらしての修理になるので、何気に大掛かりです。

裏から見るとこんな感じ↓

・・・やっぱり、バックリ&バッサリ。

ボッテガの場合、芯をがっつり貼っていたので・・・↓

糸をほどき、一部芯をカットし剥がしての作業にしました。
バイリンといわれる芯(ピンク色の)に、ボリュームを出すスポンジが貼られています。

修理の場合、そのブランドがどういう作りをしているのかを知るいい機会。
すごく勉強になります。

頭の中で、完成のイメージをきちんと作ってから作業に。

1)切られた部分を窓枠状にカットして

2)厚みがある部分は、いまのうちに裏側から薄くしておく

3)今回、準備したのはこのパーツにて。
 ファスナーは、現物と同じYKKのエクセラ・アンティークシルバーを使用↓

イメージ的には、裂かれてしまった部分をポケットにするというデザイン。

一通り組み込んで、元に戻しつつ・・・

ミシンを掛けて、スライダー(ファスナーの引き手)を組み込んだら完成!

デザインとしてだけでなく、ちゃんと有効利用して頂けるように裏地もつけています。

サテン地にて、ちょっと上品な印象に↓

お客様に「出来上がり最高です!」と、すごく喜んで頂けたので良かったです。

ただ直すのではなく、プラスα のデザインを。

こういったリメイク作業、かなりやりがいがあります。

http://order-r.com/

2件のコメント

  1. Tsunooさん、ありがとうー!
    わかる人はわかる。
    大変な作業でしたw
    でも、ばらして勉強になりましたよー!

コメントを残す