GUCCI ベルト修理の巻。

 
お客様より、ベルトのお修理(リメイク)のご依頼を頂いた。

「もうずいぶん昔から使っていて、今はちょっと使えなくなってしまったので・・・」
・・・とベルト部分の作り直しが今回のテーマです。

経年変化で、屈曲させると割れてきてしまう。
革の色は焼けて(褪せて)いい感じですが、使用に支障をきたします↓

バックル部分もかなり傷が多く汚れもあったので(左)、きれいに磨きにかけました(右)↓

 

新たに作り直したベルトを、ねじ止め固定して完成↓

   

そして、このベルト。

面白いなと思ったのが、リバーシブルなのです。
表も裏も使える仕組みになっています。

1)メインは表の黒↓

2)それを捻ると逆側も楽しめるという↓

ちなみにバックル部分は、小さいボールによって固定・回転が可能となっています↓

・・・なるほど。

細かいことを言うと、ベルトは表と裏と内外差が生じます。
同じ長さで張り合わせると、裏革にシワが出てしまう。

それを回避するために、ふちの部分だけボンドを。
全体にボンドを塗って張り合わせるのではなく、表でも裏でも自然に曲がるようにしている訳です。

昔のものとはいうものの、さすがGUCCI。

仕組みでいろいろと工夫しているのねと、非常に勉強になりました。

http://order-r.com/

コメントを残す