今日のお仕事。

 この時期、非常に多い作業が「ファスナー交換」。

カバン・ジャケット・・・etc etc

特に、寒くなってきたのでジャケットを出してきたけど、ファスナーの調子が悪かったり。
そんなお客様が、革ジャンをお持ちになります。

シーズン的なこともあるので、出来るだけ合間で早くお渡しできるよう心掛けています。
出来上がったら、もう春って・・・意味ないですもんねw

1)すでについているファスナーをきれいに外し、新しいファスナーを取り付け。

  固定する際には、両面テープを使用する↓

2)その後、革(今回は合皮)を正確に貼付けてミシン掛け。

 ※ この際、以前開いていた穴にあわせてミシンをかけること↓

革に関しては、生地と違って穴が開いたら目立ってしまう。

そのため、一回開いている穴にあわせてミシンを掛けなければなりません。

ここから先は、ミシンに従事している人はわかるお話↓

自分で縫ったところの縫い直しって容易いけど、人が掛けたミシンの後ってやり難い・・・

自分のピッチ(糸目の間隔)ってあるんですよ。
クセみたいなものでしょうか?

修理の場合は大体が人が縫ったもの。
それにあわせて、糸・針を落としていくので・・・やっぱり神経は使います。

3)完成!

ex:ジャケットファスナー交換/¥10000~12000ほど

今回は革ではなくて合皮だったので、余計に縫う時に同じところを意識しつつ・・・

ピッチ(糸目)が細かい所は縫い直すと裂けてしまうので(& 糸目が埋まってしまうので)
コンマ何mmか分からないくらいに横にずらして、縫っていきます。

たかが修理、されど修理。

細かい所にはこだわって、より長くお使い頂けるようにお返ししたいと心がけています。

http://order-r.com/

コメントを残す